Discussion of Destination Branding.

オーランド54日目 〜Fantasmic!を見に行く

今日は、夜の9時からハリウッドスタジオで、Fantasmicがあるとの情報を入手し、夜から出かけてみた。
夕方から夜にかけては、半分以上の確率で雨、それもゲリラ豪雨と呼べるような雨が降るため、この手の「夜間」「屋外」「特定日のみ開催」というイベントは、なかなかタイミングが合わない。今日は、やっとそのタイミングがあったということか。
http://disneyworld.disney.go.com/parks/hollywood-studios/entertainment/fantasmic/
7時過ぎにパークに到着したが、土曜日に来たときよりも混んでいる。どうも、皆、Fantasmicが目的のようだ。
WEBページでは、90分前から席取りできるとの事で、その時間を目安に来たのだが、既に、通路は人で満杯。凄い人気だ。こちらのパークでここまで人がごった返しているのは初めてだ。
7時半過ぎに、会場がオープンとなり、席を確保する。1人なので、席の確保は余裕。ただ、どんどんと席は埋まっていき、8時過ぎには「良い」席はほぼ、満杯となった。最低でも、1時間前には到着することを目標にした方が良いだろう。
私は、暇つぶしにDSを持参したので、ゲームにいそしみつつ時間をつぶす。1人なので、席を外すわけにも行かないので。
すると、あっちこっちで歌やら、ウェーブやらがおきる。言語も英語よりスペイン語が多い感じで、「ラテン」の感じが会場を覆う。ブラジルの国旗を振り回す人たちも出てきて、なんだか、よくわからない盛り上がり。ディズニーがしかけなくても、勝手に盛り上がってくれる人たち。日本ではなかなか見られない光景である。
[yt:Q3qNsRg0-jg:425:350]
ショー自体は、ウォータースクリーンとディズニーキャラクターとを融合させ、音響、光をうまく使って盛り上げる。携帯の動画なので、ディティールは解らないでしょうが、雰囲気は伝わるでしょうか。
TDSにも同様のショーがあるが、私は見たことが無いので、どう違うのか、または、同じなのかは私には解りません。
[yt:8wkb63ku2Go:425:350]
ディズニーの悪役キャラ、総動員という感じだが、ピクサー以前なので、少々、古いキャラが中心。一方、ショーの内容は、「子供が見たら大喜び」という感じのものなので、その子供たちが、果たして、これらのキャラをちゃんと理解しているのか?については疑問が残る。少なくても、多分、私の子供たちは知らないキャラが多いだろう。それと、子供向けで9時からというのはきついだろう。(日没が8時半なので、仕方ないことではあるのだが) さらに、レイトショーは10時半から!
また、ウォータースクリーンを使うという発想は悪くないと思うのだが、いかんせん、画質が伴わない。ステージは遠いため、あまりキャラが見えないことも、いまいち。という感じ。
ただ、そうはいっても、要所要所を押さえた構成で、30分はあっという間に終わり、「あぁ面白かった」と素直に感じることができるのはディズニーならではと言えよう。
その後、すぐにアパートに戻ってきたのだが、ストレートに帰宅せず、インターナショナルドライブという繁華街の方に回ってみた。実は、この時間に外に出るのは初めて。たいていは、酒を飲んでしまうので車を運転できないし、土地勘の無い間は、夜間の外出は控えていたためである。
何度も通ったことのある界隈であるが、ネオンにまたたく各施設は、昼間とは違った顔を見せており、とても、新鮮だった。
この辺もおいおい、見ていきたい。
では。

Share