否認のままの保釈 が異例の不思議

否認のまま保釈されることは 異例 らしい。
私の理解で言えば,逮捕されたとしても,判決で有罪になるまでは,犯罪者ではないはずだ。
取り調べや証拠保全のために,交流することはある程度,やむを得ないこととしても,「否認している間は保釈しない」という基本は,そもそもがおかしいのではないか。
これだと,警察なり検察なりに疑われたら,例え,裁判で無罪を勝ち取ったとしても,長期間にわたって,拘留されることになる。
不思議なのは,そういう批判なり指摘なりがほとんど出てこないことだ。むしろ「なぜ保釈されたのか」といった論調の方が強い気がする。

Share