Discussion of Destination Branding.

オーランド15日目 〜免許センター係員に門前払いされる

今日は、お昼休みに投稿しておきます。
今朝は、早めに起き、運転免許センターに出かけてみました。
予約自体は週明け、月曜日に取っていたのですが、メインキャンパスの近くなので、メインキャンパスへ出かけつつ、場所を確認し、もし、アポなしでも試験を受けられるなら学科だけでも。と思ってのおでかけです。
以前も述べたと思いますが、私が居るローゼンカレッジとメインキャンパスはかなり離れています。地図で測っては居ませんが、高速道路を使って30〜40分くらいの時間距離があります。
免許センターというので、日本のような独立した建物を想定していたら、なんと、ちょっと大きめだけどどこにでもあるようなSCの一角にテナントとして入っているだけでした。いやぁ、本当、びっくりです。
で、受付に行ったら、住所を証明する書類が無い。と言われ門前払い。
詳細は省きますが、私の場合、J-1というビザのため、そのビザに関する書類で対応できるとWEBサイトにも、現地の係員が示すペーパーにも書いてあるのですけどね。私としては、かなり、粘りましたが、駄目でした。
んで、仕方ないので、撤退し、メインキャンパスに行き、J-1ビザの担当者と話をしたり、ブックストアに立ち寄るなどしてローゼンカレッジに戻ってきました。
ただ、寮生活なので、光熱費などの請求もなし、働いていないので給与証明もなく、その他の住所証明書類は存在しないのですよねぇ。なんで、アメリカには住民票が無いのでしょう。素朴な疑問。
運転免許取得については、ちょっと、対策を考えなければならないようです。
そんな不毛な午前中ではありましたが、収穫もありました。
こちらでの携帯電話は、ブラックベリーカーブ8900というものを使っています。
http://na.blackberry.com/eng/devices/blackberrycurve8900/curve_specifications.jsp
少々、高い端末なのですが、この携帯を選んだ理由は、

  • どうせなら、ブラックベリーを使ってみたかったこと
  • 電話はエマージェンシー用であり、どちらかといえばメール端末が必要であったこと
  • GPS機能をもち、カーナビとしても使えること

といったものです。この3点目の「カーナビ」を今回、使ってみました。
ブラックベリーをカーナビにすることが出来るソフトは、いくつかあります。
http://www.onlyblackberrygps.com/
初期設定で入っている地図ソフトは、現在地は表示してくれるものの、移動しても地図はスクロールしないので、現在地確認にしか使えないので×。
http://www.blackberry.com/maps
また、同じく、初期インストールされているカーナビソフトは、利用料がかかる。利用料がかかること自体は否定しないものの、「申し込みはWEBで出来るのに、解約は電話しなければならない」「30日お試しに不可分でその後、一ヶ月分の利用料がついている(つまりお試しできない)」という部分に不信感を感じ却下。
http://www.telenav.com/
そこで、いくつかのソフトを物色した結果、以下のソフトをインストールしました。無料です。
http://www.amazegps.com/
所詮は汎用の携帯端末上で動くものですから、操作性とか、画面の大きさなどは、日本の専用品に比べるまでも無いですが、現在地をちゃんとフォローし、曲がる交差点などを指示(音声付き:英語ですが)し、かつ、通信機能を活かして天気の情報なども伝えてくれます。
いやぁ、これで無料なら、何の不満もありません。
今回のメインキャンパス往復でも活躍してくれました。
ただ、一つ言えば、ブラックベリーの燃費がとても悪く。この手のプログラムを稼働させておくと、すぐに電池が無くなってしまうのですよねぇ。遠出するときは、社内で充電できるようなキットが必要になるかも。

Share