オーランド33日目 〜リーダーシップの講義を受けてみる

今日から、UCFではサマーBという学期が始まります。8月頭までの全編集中講義のような学期です。
その中で、Leadership & Strategic Management という講義を聴講してみることにしました。
先生は、Dicksonさん。 http://www.hospitality.ucf.edu/faculty_ddickson.htm
今日が初日でしたが、まずは、授業の進め方自体が面白かった。
初めに自己紹介を兼ねて「アイスブレーク」。その後、かなりきっちりと要件が書いてあるシラバスをペーパーで渡し、本講義の目的、内容、評価基準、そして、ルールを説明。
その後、講義に入っていくわけだが、学生に質問し、考えさせるスタイルをとる。今日の例で言えば、「5分でリーダーシップに必要と思う能力を考えろ」とする。5分後には、近くの学生、3名程度でグループを作らせて「グループで、話し合って、重要だと思う能力のトップ5をあげろ」とする。そして、それぞれのグループに模造紙を渡し、記載させる。
その後、模造紙を貼りだし、各グループに発表させる。それも双方向で、学生も先生もその発表に絡み、そのグループ発表の場でも「考えさせる」
そして、最後に、これまでの議論を聞いて、自分が重要だと思う能力のトップ3をまとめろ。という。
こうやって考えさせ、発表させることで、より深く頭に入ってくることは間違いないだろう。
講義自体は、月曜日から木曜日まで、毎日あるので、全てに出席するのは難しいと思いますが。可能な限り、出てみて、こうした講義スタイルも含め、習得していきたいと思います。
では。また明日。

Share