オーランド121日目 〜大学の会議に参席させてもらう

今日は、ローゼンカレッジのミーティングデーでした。
「出席すると、どんな風に学部運営を行っているのかが感じられると思うから出席してみたら」ということで、学科に相当するファカルティーミーティングと、学部全体のファカルティーミーティングに参席させてもらいました。
さらに、その後、月一回の研究発表会にも参加し、その後の懇親会にも。
いやぁ、正直なところ、英語漬けの連続で、かつ、議論の背景が解らないことが多く、かなり疲れました。
ちなみに、学部の会議では、「客員研究員の位置づけ」が議題の1つに上がっていて、「うーん、その客員研究員がここにいるのに居るのになぁ」と思いつつ、議論は白熱しておりました。
でも、会議の進め方とか、面白かったですね。フラットな感じですが、意見を言う人はたいてい決まっているあたりは、日本と同じ。
何事も経験してみることですね。
今日は、疲れてしまったので、この辺で。

Share