iPadは「売れる」のか

昨日、AppleからiPadが発表された。
iPod Touchを所有し、自宅でのメインの機材をMacbookに切り替え、iPhoneへの切り替えも検討している私としては、「かなり気になる」発表会だった。
ということで、Appleから発表会のPodCastを取得し、通勤の行き帰りで参照。いやまぁ、ジョブズのプレゼンは、いつもながら凄いですなぁ。
キーノートとの連携も非常にスムーズ。化け物ですな。彼は。
さて、それはそれとして。製品としてはどうなのだろう。
ネットでの批評記事を見ていると、4:6か3:7位で、否定的な意見の方が多い印象。曰く、「Touchを大きくしただけ」「注目するような機能は無かった」「拡張性が低すぎる」といったものだ。
確かに、プレゼンをみていても。「うーん。Touchが大きくなっただけだなぁ」という印象は強い。
ただ、写真が、母艦のiPhotoと同じようにアルバムで管理できるようになっていたり、月表示でもスケジュールを確認できるようになっているなど、XGAクラスの解像度を活かし、Touchよりも優れている部分は感じられる。
iPadが新市場をつくる、つまりは、売れるかどうかは、こうした高解像度化された画面において、その解像度を活かした気持ちいいインターフェースを構築できているかどうかにかかっていると思う。
これが、もし、秀逸なものとなっていれば、大化けする可能性もあると思っている。なぜなら、「誰にでも使いやすいWEB端末」の誕生となるからだ。
現在、PCは、快適なネット接続に必須の道具だが、家庭内では、ブラウザとメールがあれば、それでOK。GMAILなどを使っているのであれば、メールソフトすら要らない。
でも、実際には、そうした「ブラウザ」が存在しない。Wiiなどでもネット接続出来るが、はっきりいって使い物にならないし、パソコンでは、あまりに多機能で、自由度が高すぎるからだ。「誰でも、ウィルス対策ソフトが必要」などという現状は、はっきりいって「お笑いぐさ」である。
家電製品のようなWEB端末。これは、実のところ、多くの人が欲していたモノでは無いか。
今まで、そうした端末に最短距離にいたのは、Googleであったと思う。が、Appleが、抜き返したのではないか。
ともあれ。売れるかどうかは、インターフェースのでき次第。さて、どうでしょうね。

Share