Discussion of Destination Branding.

オーランド24日目 〜アニマルキングダム

天気予報によれば、この週末は、オーランドは記録的な暑さになるとのこと。
華氏で言われるので、摂氏で理解できず、よくわからないのだが、99度とか言われると理屈抜きで「ひぇー」と思ってしまう。
ちなみに、99度だと、37度位でしょうか。
こっちの天気予報を見ていて面白いのは、一番暑いのが、14時ではなく、17時くらいなんですよね。サマータイムで1時間ずれているということもある(14時は本来は13時、17時は本来は16時)のですが、それでも、夕方の方が暑いというのは、山や川が無く、太陽が直上から照りつけるので、地面や建物がどんどん蓄熱してしまうからかもしれません。
そんな「暑さ注意報」が出されていましたが、アニマルキングダムに行ってみました。
20.9:350:233:0:0:アニマルキングダム 入り口近く:right:1:1:アニマルキングダム 入り口近くの石のトンネル:0:
アニマルキングダムは、ディズニーワールドにある4つの大きなテーマパークのうち、最も新しいパークで、1998年に開設されている。2001年に開設された東京ディズニーシーの着工が1998年であり、ディズニーシーの直前に出来たパークとも言える。
さて、このアニマルキングダムは、アニマルという名前が示すとおり、動物がテーマとなっている。ディズニーのキャラクターでも動物がモチーフになっているものは少なくないが、それらが、擬人化されているのに対し、ここでは、その動物のまま対象となっている点が特徴的である。
簡単に言ってしまえば、動物園である。実際、写真に示すように、入り口ゲートを入った周辺がジャングルのように作り込まれていて、池が配されていて、イグアナやアリクイなどが居たりするので、入ってすぐに「動物園に来た」という印象がつきやすい。この辺の演出は、今時の水族館や動物園のそれに酷似している。
16.5:350:233:0:0:キリマンジャロサファリ:right:1:1:キリマンジャロ サファリ での一風景:0:
さらに、このテーマパークの売りの一つとなっているキリマンジャロ・サファリ(写真)は、かなり大規模な敷地を使っており、日本のサファリパーク以上のダイナミックさを感じるし、マハラジャ・ジャングル・トレックなど、動物を楽しく観察できるような施設も少なくない。
ただ、全体の敷地の中で、動物園的なコンセプトなのは、感覚的に1/3から1/2弱といった程度である。
その他の空間は、「動物」「自然」を拡大解釈した「遊び」「楽しみ」の世界。例えば、恐竜の時代にタイムスリップするアトラクションがあったり、イエティ探検でとんでもないことになるジェットコースターであったり、全身ずぶ濡れになる急流下りであったり。
エプコットでも感じましたが、この辺の案配というか、バランスが、ディズニーの真骨頂なのでしょう。
ただ、これは、そうせざるを得ない事情もあります。冒頭で示したように、ここはとっても暑い。動物たちも、皆、昼間はへばっています。それが自然ではあるのですが、それでは、アトラクションにならないですからね。
前述のキリマンジャロ・サファリなんかも、動物はみな、へばった状態。朝一か、閉園直前時間で行くしか無いのではないかと思います。
例によって、写真は、以下にアップしています。
http://picasaweb.google.com/i.youichi/WDWAnimalKingdom2009062002#

Share