Discussion of Destination Branding.

iPhone7はイノベーティブか?

http://diamond.jp/articles/-/101414
iPhoneの発表に「イノベーション」を感じたのは、4、5位まででしょうね。その後は、改善(インプルーブメント)はされているけど、何か大きな変革(イノベーション)が起きているとは思いません。
この記事では、世界的な出荷台数が減速していることを指摘し、かつ、日本市場だけシェアが高いことから、そこに「部品」供給している日本メーカーはリスクを抱えているとしています。特に、日本市場のみで流通するような製品への提供はリスクが高いと。
ただ、これ論理矛盾があるように思うのですよね。
iPhoneは結果的に「高額スマホ」になっています。車で言えば、レクサスとかメルセデスみたいなもの。この市場は高単価ですが、購買層は限界がある。
iPhoneが爆発的な市場拡大をしていた時期は、米国から、いわゆる先進国に販路を拡大していた時期に重なります。最終的に、5s位には中国などへも正式対応していきますので、国・地方レベルでのフロンティアは無くなっています。結果、市場規模は鈍化します。これは、iPhoneの製品価値の問題では無く、販路と市場規模の問題。
ちなみに、日本でiPhoneのシェアが異常に高いのは、日本人は「上のもの」を嗜好する傾向が高いからでしょうね。これは、各所で指摘されているので割愛。
これに対するに、より所得の低い人達に市場拡大をしようとしたのが5c。でも、これは最大の失敗作となり6世代は画面の大型化という高額路線を取ります。5cをもっとちゃんと作っていれば、良かったのかもしれませんが、通常、ブランド維持を考えれば、レクサスがカローラを作っても「安く」売ることは出来ないので、5cがギリギリだったのだろうと思います。
いずれにしても、Appleは、低価格スマホへの対応をあきらめ、高額路線を選択します。この時点で、市場の成長率という点では早晩、限界が来ることは解っていたでしょう。
おそらく、iPhoneという商品は、Appleにとって現状のMacBookとかiMacのような立ち位置になっていくでしょう。
iPadなどが立ち上がり、iOSとして統合される方向になっても、これらの「パソコン市場」はWindowsと差別化されて生き残っています。
今後、爆発的な拡大は見込めませんが、正統進化をする限り、一定の顧客が買い換えしてくれる事になります。
むしろ、Appleにとって厳しいのは、Apple Watchがうまく立ち上がっていないことでしょう。かつてAppleは、iPodからiPhoneへの転換を行う事で、現在の地位を作っています。
iPhone市場が巨大だが、飽和状態になっている現在、iPhoneとは違う「何か」を生み出す必要があります。その先兵がApple Watchだったと思うのです。
iPodからiPhoneへの転換時のキーコンテンツは音楽だった訳ですが、おそらく、Apple Watchはウェラブルの特性を活かした人体そのもの(健康、スポーツ)が想定されています。
今回の第2世代は、そこに強くフォーカスしていますが、iPodやiPhoneが出てきた時のようなわかりやすさがない。第1世代で100万円を超える商品をラインナップするとか、多分、Apple自体が解っていないのでしょうね。
iPadを持っているから、MacBookがシンプルにノートPCを追求できるように、関連する新興市場を抑えられるかどうかは、既存製品の運命にも関わってきます。
いまやスマホは、ウェラブルな演算装置となってきていますから、今後のIoT社会において核となります。ただ、「穴を開けたいのであって、ドリルが欲しいわけではない」と言われるように、IoTが伸びれば伸びるほど、顧客がやりたいことは変わっていきます。そこにキャッチアップするためには、iPhoneではなく、その周辺機器の方が重要でしょう。
次に、部品メーカーのリスクですが、そもそも、完成品メーカーがほとんど無い状態なのですから、自分の技術をより高く買ってくれるところを選択するというのは、合理的な理由だと思います。
仮に、競争力ある技術を持っているのであれば、取引先を変えていけば良い訳ですから。
ただ、成長率が厳しくても日産やホンダに部品供給するのと、成長率を見越してタタモーターに部品供給するのと、どちらが良いかという判断のような気がします。
また、スイカ搭載をもってガラパゴスだぁと言っていますが、実は、iPhone5世代までは、iPhoneは国別どころか電話会社向けにバリエーションされていました。これは、各社が使っている周波数が違うためです。iPhone6世代になって、やっと1機種でほぼ全世界を網羅できるようにあった(ので、Appleストアでの販売を開始した)わけで、バリエーションがあるのは、そう珍しいことではありません。
さらに、かつては、日本は技適マークを刻印しないと日本で携帯電話が使えなかったので、日本向けのiPhoneは(現在より、ずっと市場規模が小さいにも関わらず)全て別途刻印されていました。
確かに、ハードレベルで日本版を出したのは初めての対応ですが、かつてソフトバンク版、au版と別けて供給していたAppleからすれば、些末な話でしかないのだろうと思います。

Share