Discussion of Destination Branding.

オーランド185日目 〜ブラック・フライデー

今日は、日付が変わる前から、全米がアメ横化するというブラック・フライデーに参戦してきました。
ブラック・フライデーには、多くの店舗が対応していますが、その対応時間は、大きく2つに分けることが出来ます。
1つは、日付が変わると共に対応するタイプ。もう一つは、朝になってから対応するタイプです。
15.6:350:263:0:0:COACHに並ぶ人たち:right:1:1:COACHに並ぶ人たち 時間は23時過ぎ:0:
ここオーランドのアウトレットモール系は前者になっていて、2つのアウトレットモール(プレミアムおよびプライム)は、オールナイト営業となります。
一方、モールオブフロリダ、ウォルマートなどは、後者のタイプ。ただし、朝からといっても、AM5時といった早朝であり、両者に決定的な違いは無く、単なる、時間差という感じがします。
私は、23時過ぎに、アウトレットモール「プレミアム」に行きました。
その時点で、すでに、コーチには、バーゲン目当てで行列が出来ていました。目測では、なんと、600人。ちなみに、コーチは、日付の変わる30分前にオープンです。
ただ、人気のある店、無い店は、かなりはっきり出ていて、ここまで行列が出来ているたのは、コーチのみ。いくつかの店舗は、行列制御用にパイロンなどを設置していたにも関わらず、行列は少なかったことから、不景気の影響があるのかもしれません。
割引率も、店舗によって、それぞれ。でも、多くの店は、札値自体が通常よりも下がっていて、かつ、2品とか3品買うとアディッショナルで15%オフになるなど、かなり、強烈な割引。例えば、TUMI(プライムですが)では、クリアランス商品も含めて、25%のアディッショナル・オフとなっていた。さらに、アウトレットモールらしく、型遅れ品などは、90%オフなんてものもある。アルマーニの店で、もともとの定価が450ドルのジャンパーが、20ドルになっていたのには、さすがに、びっくりでした。(さらに、20%のアディッショナル・オフになる) 私は、アルマーニが似合うタイプとは思えないので、購入はしませんでしたが。
このように、このバーゲンは、在庫一掃セールという側面もあり、ディズニーストアでは$1以下!みたいな商品もざくざくと。
アウトレットモールを歩いていて、「何かデジャブー感があるなぁ」と思っていたら、初詣の雰囲気でした。ここ数日は、オーランドも冷え込んでおり、長袖にジャンパーなどは必須。そうした服装で、夜中に皆が歩いている感じは、まさしく、初詣の雰囲気。もちろん、晴れ着姿などはありませんけどね。
AM1時過ぎに、プレミアムを出て南下すると、なんと、プレミアムに向かう道筋は大渋滞。永延とI4のインターまで繋がっていました。彼ら、モールに入るまでに何時間かかるのだろうか。などとかわいそうに思いました。実のところ、北からくれば、そんなに混んでないのですけどね。
その後、プライムに移動しました。こちらは、夜中だというのに、派手な音楽がガンガンにかかり、サーチライトが瞬き、対照的な雰囲気。人の数も、こちらの方が多い感じでしたが、道路の渋滞はなし。ただし、駐車場は満車。
割引状況などは、両モールとも、あまり大きな変わりはありません。まぁ、両者に共通の店舗も多いですから、差は付きにくいのかもしれません。
両モールとも、日本人は、結構。いました。プレミアムはWDWに近いので、EPCOTの日本館の従業員ではないかという話(By 一緒に行ったオーランド在住の人)でしたが、プライムの日本人は観光客の感じ。確かに、激安になりますから、フロリダ旅行と同時に買い物を楽しむと言う選択はありますね。でも、夜間なので、車が無いと対応が厳しいですが。(一応、プライムはタクシーも待機していましたが)
あまり、バーゲンでものを買わない私も、今回は、結構、いろいろ買いました。「安い」というのは、確かに、購買欲を高める効果はあるのだなぁということを実感しました。
一夜明けて、フロリダモールなどがどうなっているのか、車で巡ってみました。
聞いていたとおり、フロリダモール周辺は、大渋滞。中には入りませんでしたが、大混雑でしょうね。駐車場が空いている状態でも、結構な人混みになるところなので。
米国は、これからクリスマス商戦に突入。逆に言えば、こういう大バーゲンがあるのが解っていれば、顧客は、不急のものは、みな購入を先送りしますから、このブラック・フライデー以降にならなければ、商戦は活発化しません。
私の滞在も、あと3週間となりましたが。さて、この3週間、どうなりますか。

Share