ライフサイクルとパレート分布

「世の中の事象はパレート分布する」というのは、私の持論であり、本ブログでも何度か言及しています。

仕事柄、いろいろな「分析」を行う機会がありますが、面白いくらい「全体の2割で8割のシェアを占める」というように事象は分布しています。
※2:8だったり、3:7だったりはします。

例えば、以下はあるスキー場の売上を多い順にソートし、累積の売上シェアを算出したものですが、上位3割の営業日で、7割の売上を確保しています。

観光予報プラットフォームなどを使うと1日単位での宿泊客数を取得できますが、これを使って観光地を分析を分子手も同じような結果になります。

また、2000年代、宿泊観光旅行市場は縮小傾向にありましたが、個々の観光地を市町村別に、観光客数が「増えている」「横這い」「減少している」で区分してみると、その比率は概ね2:6:2でした。「減少している」地域は、いわゆる大規模観光地であり、この地域が大きく観光客数を減少させていることが市場縮小と連動する形でした。

さらに、同期間、宿泊需要に対する市町村別のシェアを見てみると全体の上位1割相当の市町村でシェアは7割、全体の上位3割相当で実に9割のシェアを持っています。

このように、パレート分布は強固です。

なぜ、パレート分布、つまりは大きく偏在することが一般的なのか。
それは、供給面においては、工業社会においては規模の効果、サービス経済においては集積の効果自体がパレート分布するからだし、需要面においても休日休暇制度や所得分布がパレート分布するからだと考えられます。

つまり、需要とか供給だとか関係無く、物事の基本形は「パレート分布」だということです。

 

Share